「スパイファミリー」ステラとトニトとは?アーニャは何個持っている?

アニメ
Pocket

U-NEXTアニメ人気ランキング1位のスパイファミリー。

主人公のロイドが機密任務のために偽りの家族を作り、その娘アーニャに名門校に入学してもらいます。

国家要人に近づくためには、優等生の証であるステラを獲得しコードネームオペレーションストリクスを成功させなければなりません。

中でもステラとトニトは非常に重要なキーワードとして出てきます。

この記事では、ステラとトニトについて、その獲得条件や同じステラを目指すアーニャの友達について解説します。

スパイファミリーを楽しむうえでイーデン校のステラとトニトは理解しておいたほうがよいです。

アーニャをとりまくお友達やロイドの国家的な極秘任務に子供たちがからみ、スパイファミリーを楽しむ要素が理解できます。

スパイファミリーに重要なイーデン校の制度


ロイドがミッションオペレーションストリクスを遂行するために奮闘しているのがアーニャの成績向上です。

名門イーデン校では学業首席、次席などで成績優秀な生徒にはステラが贈られることになっていて、どの生徒、親御さんも学業には力を入れています。

もっともロイドの場合は重要人物に近づくという任務のためですが、その任務のためにもステラ獲得は必須になっています。

このあたりの段丘あるコメディータッチのストーリーが面白味の一つ。

描写されている教育事情にドイツ文化の校風が描写されています。

シーンによってはイギリスやヨーロッパ諸国も癒合された街並みや背景がみられ、独特の作風に没頭できるところがスパイファミリーの魅力です。

コメディータッチの中で、アクションもファミリードラマもあって飽きさせないですね。

イーデン校の生徒が個性豊かで可愛いいのも魅力です。ロイドの任務に関わるのでアーニャも必死なのです。

\ スパイファミリーが全話見れます! !/

無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません

 

ステラとトニトとは

イーデン校は勉強・スポーツなどあらゆる分野でハイレベルな学校です。

その中でも特に選ばれた優秀な生徒のことを皇帝の学徒(インペリアル・スカラー)と呼び、エリート中のエリートである特待生として扱われます。

ただし、インペリアル・スカラーになるためにはステラを8個獲得しなければなりません。

そしてアーニャが見事インペリアル・スカラーになったら、特待生のみが参加可能な懇親会に出席することができます。

つまり父ロイドの任務・オペレーション梟(ストリクス)には必要なため、アーニャはインペリアル・スカラーを目指してるのです。

真反対であるステラとトニトとはいったいどういったものなのでしょう。

ステラとは

ステラ(星)とは、ラテン語の「星」「惑星」に由来する言葉で優秀な生徒に対して授与される褒章のことです。

イーデン校は学問やスポーツ、芸術など、あらゆる分野が超トップクラスの教育機関です。

入学の際に選び抜かれた優秀な生徒の中で、さらに優秀な生徒は『皇帝の学徒(インペリアル・スカラー)』と呼ばれる特待生に選ばれます。

ただし、特待生『皇帝の学徒(インペリアル・スカラー)』になるにはステラ(星)を8つ獲得し、文字通り本当のスターになる必要があります。つまりステラは、イーデン校に関わる人には皆憧れのアイテムであり称号となっています。

日本文化でいう首席や特待生ですね。

トニトとは

次にトニトです。トニトはラテン語で「雷鳴」で、優秀者の称号であるステラに対して、悪い行いをした生徒に与えら、イーデン校にふさわしくない行為に対して与えられ罰則にもなります。


具体的には暴力行為や成績不良の赤点など。

そして、トニトを計8個もらってしまうと強制退学という恐ろしい事態になってしまうので、すべての生徒とその家族が是が非でも赤点だけは避けようと日々奮闘しているのです。

フォージャー家にとって、インペリアルスカラーになり、ドノバン・デズモンドに近づくために、強制退学は絶対にあってはならないわけです。

トニトをとらないために、またステラを獲得するための、イーデン校の生徒は以下の3項目を目指しています。

1.成績優秀

イーデン校では成績上位ではなく、成績が首席と次席であることのみです。

入学してすぐのテストで成績が第二位だったダミアンがステラをゲットしました。

2.スポーツなどで活躍する

イーデン校は文武両道です。スポーツにおいて優秀な結果を出してもステラを獲得することができます。

ただし、アーニャもダミアンもまだ6歳。スポーツでステラを獲得するにはこれからでしょう。

ドッジボール大作戦ではステラ獲得に生徒が奮闘する場面があります。命がけにも見える特訓シーンが名場面となりSNSでも話題になりましたが、所詮はクラス授業の一環でステラの対象ではありませんでした。

3.奉仕活動

社会奉仕活動もイーデン校におけるステラ獲得の対象になります。

勉強が苦手な生徒のために、というよりは、如何に社会に貢献しているかで、インペリアルスカラーの特待生には社会奉仕の素養もあったほうがイーデン校の名声も上がるからでしょう。

医療、福祉、教育機関といったところです。実際アーニャがステラを最速でとったのは病院でした。

ステラは他の生徒もうらやむ

成績優秀、スポーツに秀でている、奉仕活動で優秀、などなど、ステラ獲得は全生徒、先生から褒められ憧れられる学校のヒーローでもあります。

なので、他生徒からの羨ましがられは半端なく、スパイファミリーに登場する児童はピュアなところが可愛らしくも見えるところも本作の魅力です。

引用元:SPY×FAMILY ©遠藤達哉/集英社・SPY×FAMILY製作委員会 より引用

引用元:SPY×FAMILY ©遠藤達哉/集英社・SPY×FAMILY製作委員会 より引用

アーニャは勿論、ダミアンもベッキーも愛すべきスパイファミリーのキャラクターですね。

ステラを目指すアーニャのトモダチ

スパイファミリーのもう一つの魅力である、個性あふれるイーデン校の生徒たち。

第一シーズンに登場した主な生徒をご紹介します。

ダミアン・デズモンド

ロイドの機密任務オペレーションストリクスの対象である国家統一党総裁ドノバン・デズモンドの次男。

学園では親の権力を笠にして傲慢な態度をとっているお坊ちゃんですが、根は優しく友達想いの少年。

入学初日にアーニャに殴られて以来、気になってしまっている。

ロイド家にとってはプランBの成功のカギとなり、アーニャにとっては標的。

ダミアンがインペリアル・スカラーを目指す本当の目的は、成績優秀な兄と同じ土俵に立つことで、父親に関心をもってもらうためである。

そのための努力は惜しまない真面目さを持っている。

エミール・エルマン

ダミアンを心から慕い、いつも付き添っている友人。ダミアンのためなら身を投げ出す。ドッジボール大作戦では自らボールに当たってダミアンを助けた。

ユーイン・エッジバーグ

長い盛り髪がチャームポイント。エミールと一緒にダミアンに付き添って友情を教えるダミアンのよき友人。将来の夢は宇宙飛行士。

ベッキー・ブラックベル

大手軍事企業ブラックベルCEOの娘である超お嬢様。執事の運転する高級車で毎日登下校している。

イーデン校で最初に友達になったアーニャを慕っている。

価値観の違いとおませな言動で、同年代の子供たちからは敬遠されがちだが、アーニャとはすぐ仲良くなれた。

わがままで高慢な態度が目につくが、自由奔放で根は優しい子である。

ジョージ・グルーマン

ネガティブ思考の製薬会社社長の息子。

思い込みが激しく、しばし自己嫌悪に陥っては自虐して落ち込んでいるが、本人が思っているほど悪い状態ではなかったりする。

周囲から慕われるダミアンを嫌って目の敵にしていた。

ビル・ワトキンス

ドッジボール大作戦で主役級に活躍した人民軍陸軍司令部少佐の息子。

6歳とは思えない恵まれた体格と、頭脳で幼稚園時代からたくさんの球技大会を総なめにしてきた。

失敗し負けたり咎められたら涙ぐむ、子供らしい一面も持っている。

登場する子供たちの個性がかわいいのもスパイファミリーの魅力の一つですね。

トニトのために、ロイドが一生懸命になるコメディーのなかに、しっかりストーリーが練り込まれているから面白いんですよね。

アーニャの持っているステラの数

アーニャが初めてステラを獲得したのはボランティアに訪れた病院先でのこと。

リハビリプールで誤っておぼれた男の子を超能力で察知しロイドと一緒に助けました。

アーニャは危険を顧みずプールに飛び込んで助けようとしたことが大きく評価され一年生で第一号のステラ獲得となったのです。

ダミアンよりも先にステラを1個獲得したアーニャと、オペレーションストリクスに一歩近づいたロイド。

二人ともに一歩前進することができました。

アーニャのトニトは?


なんとかイーデン校に入学したアーニャはロイドの工作でダミアンと同じクラスになります。

ダミアンとその取り巻きに悪態をいわれ続け、ヘンダーソン先生が見えていないことを確認したうえでダミアンをストレートパンチでぶっ飛ばします。

もちろんヘンダーソン先生が知ることになるのですが、「ダミアンがベッキーの足を踏んだから殴った」と説明しました。ヘンダーソン先生は「友達想い」に配慮し本来トニト3つのところを1つにしてくれました。

ヘンダーソン先生の裁量でラッキーな結果で済みましたが、ロイドとヨルは気が気ではなかったでしょう。

まとめ

オペレーションストリクスにおいて非常に重要なステラとトニトについて解説してきました。

ステラ合計8個でインペリアル・スカラーとなり、おなじくトニト合計8個で強制退学処分となります。

しかもトニトは一回の失敗で3個付くこともあり、油断はできません。

アーニャにとっては勲章と罰の代名詞となり、ロイドにとっては国家の存亡にかかわります。

スパイファミリーは、原作者遠藤達也哉氏が「落ち込んでいる時に読んだら気持ちが軽くなったとか、フフッと笑ってもらえる癒しになれたら光栄です。」と言われているように、毎回見どころがあり、しっかり笑って楽しめます。

 

\ スパイファミリーが全話見れます! !/

無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません

コメント

タイトルとURLをコピーしました